短期集中で英語上達!安い・近い・密に学べるフィリピン語学留学紹介 | 2度目の国際結婚!?バツイチ30が綴るアメリカ人彼との幸せ英語LIFE♪

留学

短期集中で英語上達!安い・近い・密に学べるフィリピン語学留学紹介

こんにちは!

Sの国際恋愛・英語生活ブログに来ていただきありがとうございます^^

「英語が話せるようになりたい」

日本人だったら誰でも一度は思ったことがあるかと思います。

「何故英語が話せるようになりたい」のでしょうか?
その目的はさまざまだと思います。

英語が使える仕事につける/現在の部署で昇進できる
旅行に行くときに世界何処に行っても困らない
映画やドラマを字幕に頼らず楽しめる
友達や人生のパートナーを世界規模でつくることができる

理由は色々ありますが、最終的に何故英語が話せるようになりたいのか?というと、
英語が話せたら仕事や趣味、つまり人生の幅がぐっと広がるからだと思います。

じゃあ、「どうしたら英語が話せるようになるのか?」

ということで、今回のテーマは「短期集中で英語上達!安い・近い・密に学べるフィリピン語学留学紹介」です!

今日本で人気急上昇中の「フィリピン島英語留学」について書いていきたいと思います。

フィリピン島留学

フィリピン島留学とは?

東南アジア、フィリピンにある語学学校の寮やホテルに滞在しながら英語学習をするスタイルの留学です。
「英語留学」と聞くと、一番に思いつくのは「アメリカ」や「カナダ」、「イギリス」じゃないでしょうか?

しかし、フィリピン留学は数年前から日本でブームがおき、留学に行く人たちの数は毎年増え続けています。

今回は、その人気の秘密を紹介していきたいと思います。

フィリピン留学の特徴

セブ島留学の魅力を簡単にまとめると、「安い」「近い」「密接(に学べる)」ことです。

「安い」

学費、生活費、渡航費、全てにおいて、留学費用が安く収まります。

[例]
授業料・寮費・食事込みで約38,000円~/週
約125,000円~/4週間

フィリピン アメリカ オーストラリア
学費(1ヶ月)
生活費(1ヶ月)
居住費(1ヶ月)
移動交通費(往復)
約10万~15万
約1万~3万
学費に含む
約6万
(フィリピン)
約5万~15万
約3万~15万
約4万~12万
約10万以上
(ニューヨーク)
約7万~11万
約5万~15万
約5万~7万
約36万
(シドニー)

留学で一番ネックになるのは「お金」
欧米に留学した友人から聞いたことがあるのは、
学費だけでなく、滞在費や生活費が思ったより高かったため、お金が途中でなくなって渋々日本に帰ってきたという話も聞いたことがあります。

その点フィリピンは、日本の物価の約3分の1なので生活費も日本にいるときよりも安く済みます
全ての費用が低コストに抑えられるので、「留学」がもっと身近で現実味のあるものになります。

「近い」

直行便で成田・関西国際空港からフィリピンまでは4時間
他の主要都市からは、韓国経由で飛行機が出ています。

アメリカやオーストラリアまでだと10時間ほどかかるのに比べると、4時間という時間は魅力的。
私がアメリカに渡航すると毎回苦しめられる「時差ボケ」を心配することもありません。
日本とフィリピンの時差は1時間しかないので、日本にいる家族や友人、恋人とも日本に居る時と変わらない感覚で連絡が取り合えます。

また、フィリピン留学は1週間からの留学が可能なので、
仕事をしているビジネスマンやOLさんでも有給を使って気軽に留学することができます。

「密接(に学べる)」

どんなに安くて近くて手軽に出来る留学でも、本来の目的である「英語力上達」が出来なければただのお金と時間の無駄になってしまいますよね。

フィリピンの語学学校では、密接に学ぶことができる「マンツーマンレッスン」が大きな特徴です。
欧米では学校の授業のほとんどが「グループレッスン」ですが、フィリピンでは「マンツーマンレッスン」に力を入れています。
学校にもよりますが、1日に平均して4時間~最大10時間マンツーマンレッスンを受講することができます
それでも費用は欧米の3分の1です。

フィリピン留学の魅力

フィリピン留学の語学留学は、欧米での語学留学よりも「英語力上達」が見込めると思います。

その理由をまとめてみました。

時間

時間割りは学校により大きく異なりますが、通常、授業は朝8時~18時で行われます。
これに早朝クラスや夜間クラスなど、コマ数を追加して受講ができます。
とことん英語漬けになりたい人は1日最大12時間の授業を受けることができます。
授業時間が欧米の授業に比べてはるかに長いため、海外に滞在している時間を無駄なく英語学習いて英語力向上をはかれます

教え方

フィリピンの公用語は、「英語」と「タガログ語」。
フィリピンの多くの人たちが英語を日常会話レベルで話します。
しかし、英語は彼らにとって母国語ではありません
英語を教えてくれる講師たちは、「英語学習者」として英語スキルを磨き上げたプロ。
ネイティブ講師とは違い、きちんと「学習」して覚えているため、英語学習者がどのポイントで躓きやすいか、どこを難しいと感じるのか、どうしたら英語をより上達できるようになるか、ということを理解してくれています。
わからないのが当たり前」がしっかり理解されている環境なので、学習者としてはとても親近感を感じるし、安心して授業を受けることが出来ます。

発音

フィリピンの語学学校の講師が話す英語はとてもキレイです。
(フィリピンでは、英語の講師というポジションは高い地位にあるため、競争率が激しく、学校で採用される際は「発音」を重視されるそうです)
インドやオーストラリアといった地域特有の訛りがほとんどありません。
アメリカ人の話す英語よりも、スピードは遅く発音ははっきりしているので、初心者~中級者にはピッタリ
ワーキングホリデーや欧米への留学を考えている人たちには、基礎を作る場としては持ってこいの環境です

人柄

フィリピン人は、「陽気・明るい」「フレンドリー」という気質があります。
英語が全く話せない初心者の人であっても、彼らは基本的に笑顔で優しく対応してくれます。
そんな気さくな講師たちとの授業を通して、「単に英語を覚える」のではなく、「英語を話すことの楽しさ」を感じられると思います。
英語初心者にとっては特に、「英語をもっと話せるようになりたい!」というモチベーションが沸きやすいと思います。
短期留学の人は講師と仲良しになって、また同じ講師に英語を学ぶためにリピートで留学先に戻るということも良く聞きます。

勉強に集中できる環境

フィリピンでは基本的に寮に滞在すれば食事も学校や寮で済ませることができるし、掃除や洗濯の無料サービスついています。
外で自炊することや、掃除・洗濯に時間を取られることなく、「英語の勉強」だけに集中できる環境が整っています
これだけ至れり尽くせりの環境で英語を勉強できるのは、フィリピン留学ならではの利点だと思います。

「遊び」もできる

せっかく海外にいるのなら、その土地でしか体験できないことをしたいですよね?
フィリピンの語学学校は、基本的に月~金までは授業がありますが、土・日は学校がお休みです。
土・日を使って、リフレッシュ!フィリピンならではの島巡りツアー(アイランドホッピング)や、スキューバダイビング、マンタと泳ぐツアー、海中散歩等、美しい海でのマリンスポーツが楽しめます。
また、ダウンタウンのモールでショッピングをしたり、レストランで外食、カジノも体験できます
移動はタクシーで簡単にできるので、授業中に覚えた英語を実生活で使うチャンスと思って町にくりだして観光できます。
車がないと行きたい所に簡単にも行けない欧米と比べて、勉強と遊びの「オン・オフ」を切り替える環境が整っているところも大きなポイントです。

フィリピン留学のデメリット

フィリピン留学のデメリットがあるとすればなんなのでしょうか。

スラングや欧米文化は学べない

「基礎の英語力」を上達させるにはもってこいの場所ですが、やはりフィリピンでは英語ば母国語ではありません
ですので、欧米の人たちがカジュアルな会話で使うスラングや欧米の文化を自然に学ぶことができません
ただし、マンツーマンレッスンでは自分の興味がある内容を講師に伝えて自分オリジナルのレッスンを組めるところが多いので
工夫次第で欧米文化やスラングを学ぶことは可能だと思います。

留学生は韓国人が多い

フィリピンに留学している学生で一番多いのは、韓国人です。
元々韓国資本の学校がフィリピンに多数あり、そこから日本資本が入っていき日本人も増えてきました。
ですので、寮での滞在やグループレッスンは韓国人と一緒になることが多いです。
結果、寮や学校に居る時には「英語」ではなく「ハングル」が飛び交うこともしばしば・・・。
ですが、韓国人といっても同じ英語を学ぶ同志なので、仲良くなり英語で交流をして英語力を上げることは十分可能です。
もしも「英語を学ぶこと」だけでなく「多国籍の国際交流」を重視したい場合は、多国籍の学校を選ぶといいと思います。
ロシア、フランス、ベルギー等、欧米からの留学生が多い学校もあります。

御飯が美味しくない

海外で滞在中、毎日欠かせないのが「食事」。
食事が口に合わないと、日々の生活モチベーションが落ちてしまうかもしれませんね。
フィリピンの大学に留学していた友達の妹は、食事がまずすぎて体重が激落ちして帰ってきたそうです。
しかし、最近ではフィリピンに留学する日本人の増加に伴い、日本人の口に合うように料理が改良されていたり、日本人用に日本食を提供する学校も増えてきています。
場所選びをしっかりすれば、食事に困ることなく充実した留学生活が送れると思います。

インターネットが遅い

フィリピンは、現在発展途上中の新興国です。
日本と比べてインターネット速度が遅いです。
滞在先によって大きくことなりますが、インターネットのつながりがあまりよくない場所もあるとききます。
しかし、ほとんどの学校や寮でWifiスポットを提供していますので、全くインターネットがつながらないということはないようです。
インターネットを速いスピードで確実に使いたいという人は、Wifi環境のいい滞在先か、ポケットWifiを持参すればいいと思います。

治安が悪い

フィリピンは、日本と比べても貧富の差は激しいですし、物乞いをするストリートチルドレンやお金を目的とした強盗は多いです。
しかし、フィリピンのほとんどの学校では「セキュリティ」に力を入れています。
学校の外にはセキュリティの警備員が駐在しており、学校や滞在先はしっかり守られた環境になっています。
夜遅い時間に、危険な場所に1人で行かないかぎり、危ない目にあうということは少ないです。
基本的に日本以外は、アメリカでもオーストラリアでも、「危ない場所」「危ない時間」はあります
きちんと気をつけていれば、さほど心配することはないと思います。

フィリピン留学のおススメエージェント

フィリピン留学のエージェントサイトは沢山ありますが、何処までサポートをしてくれるかというのは実際に使ってみないとわからないのが実情です。

ちなみに大阪在住の私の友人が利用したエージェントは「大外れ」だったらしく、

彼女が留学し、いざ授業が始まったら時間数が減らされていた。
エージェントに連絡したけれど、授業料の返金はしてもらえなかった。
ということがあったそうです。(ウXXXXXという会社)

彼女いわく、「留学に行ったことは後悔してないけど、このエージェントを通していったことは大後悔」とのこと。

私が以前働いていた「ファーストイングリッシュ」というエージェントは、
母体が広島の学習塾で、社長が実際にフィリピンに移り住み、学校に留学・見学をして契約をした学校を紹介しています。
私が働いている時には、セブ島の学校がメインでしたが、今ではマニラ、バギオ、バコロド、クラーク、イロイロ、ダバオとフィリピン各地の学校と提携しています。

代表がとても元気で明るくフレンドリーなので、会社のスタッフも皆仲良しでした。
私が今まで働いた中で、一番楽しくて「辞めたくない」と思った会社です。
今思えば楽しかった理由として、会社の人たちが良かっただけでなく、「今から自分の人生を変えるんだ!」という夢と希望に満ちたお客さん達のお手伝いをできたからだとも思います。
海外に留学することに「不安」を感じながらも、一歩を踏み出して海外に飛び出し、「留学に行って本当に良かったです。あの時沢山相談にのってもらってありがとうございました」と、現地の友達と楽しそうにしている写真を送って報告をしてくれたお客さん達には沢山元気&刺激をもらえました。

会社のスタッフやカウンセラーは、実際にフィリピン留学を経験した人たちも働いているので生の声を聞きながらの留学相談ができます
オフィスは東京・福岡にありますが、日本全国の方を対象にサポートしています。

広告をどーんと出している有名エージェントではありませんが、紹介している学校の数は大規模エージェントに負けていませんし、何よりお客さんとの距離も近くサポートが手厚いのが大きなポイントです。
留学する人たちが”最高の留学を通してそれぞれの夢の創造と実現”してもらえるように、お客様のことを一番に考えているエージェントとして自信を持ってオススメできます。

ファーストイングリッシュ公式ホームページ
***ファーストイングリッシュ***

お問い合わせフォームはコチラです。
***お問い合わせフォーム***

上記の専用フォーム、又はブログのお問い合わせページよりお問い合わせを頂いた方に限り、私からの紹介ということで正規料金より留学価格の割引が適応されます^^
このブログに来てくださった方たちへの感謝の気持ちもかねておりますので、ご入用の際は是非お役立てくださいませ。

まとめ

いかがでしたか?

以上が、「短期集中で英語上達!安い・近い・密に学べるフィリピン語学留学紹介」でした!

私が学生時代の時に、「フィリピン留学」があったら、一人で机の上で単語帳の丸暗記と格闘することもなく、お金をためて半年~1年くらい勉強しにいったのになぁ~!
と、今「フィリピン留学」に出会える人たちをとても羨ましく思います。

でも、机の上での地道な勉強でも、何年も頑張って英語が話せるようになって本当によかったと思っています。
私が今、フリーランスで会社に縛られず自由に仕事が出来ることも、運命のパートナーと思えるアメリカ人の彼に出会ったことも、「英語」が話せていなければ手に入らなかったはずです。
もしも今留学をしたいと思っている人がいたら、何歳からでも留学して英語を習得して欲しいなと思います。
英語が話せて損することって本当にないです。

たかが英語!されど英語!

国際化がすごいスピードで進んでいく今の世の中、
昔は「英語はプラスαで出来たらいい」くらいに言われていましたが、
今では「英語は出来て当たり前」という風潮に変わってきている気がします。

欧米の留学に憧れているけど、少し手が届かない!
そんな方でも気軽にいける「フィリピン留学」。興味があれば是非調べてみてくださいね^^

ファーストイングリッシュ公式ホームページ
***ファーストイングリッシュ***

お問い合わせフォームはコチラです。
***お問い合わせフォーム***

ちなみに、フィリピン留学に限らず、
色んな国に出来るだけ安く安心な方法で留学したい!と思っている方には、
個人手配で格安に留学できるコチラがオススメです。

↓ ↓ ↓
***LangPedia(ラングペディア)***

【直接の留学相談について】
私も実際にフィリピンに視察に行って留学体験をしたり、日本人のお客様にカウンセリングをしていたので、もしも相談がありましたらブログお問い合わせの方からお気軽にご連絡くださいませ☆
分かる範囲で答えさせていただきます。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

スポンサーリンク

父が綴る映画と本のレビューブログはコチラ

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

引き寄せの法則を使って「運命の恋人とラブラブな人生」を引き寄せる極意

  1. 【海外生活】

    ファーマーズマーケットで蜂の巣(蜜蝋)入り蜂蜜探し
  2. eigo-life.com

    【一般】

    親が安心する国際結婚の方法が見つからないストレスが大爆発
  3. eigo-life.com

    【一般】

    アメリカに住む彼に送るクリスマスカードを作成!
  4. 日々の出来事・気づき

    渡米仲間発見・国際恋愛が大変な理由・洗濯機ゲット
  5. eigo-life.com

    日々の出来事・気づき

    愛の言葉のプレゼント「I think about you the most ev…
PAGE TOP