彼と母親の「結婚を巡る争い」意見の平行線により一旦休戦 | 2度目の国際結婚!?バツイチ30が綴るアメリカ人彼との幸せ英語LIFE♪
彼と母親の「結婚を巡る争い」意見の平行線により一旦休戦

彼の家族

彼と母親の「結婚を巡る争い」意見の平行線により一旦休戦

こんにちは!

Sの国際恋愛・英語生活ブログに来ていただきありがとうございます^^

2017/07/04

先日、母親に彼の思いを伝えるために2人でメールを送りました。

彼の気持ちを少しでも理解してもらえれば、と思い送ったメールの母親からの返信は、

「土曜日に会いましょう」

でした。

元々、土曜日には彼の誕生日を祝うために彼は実家に帰る予定になっていたので、

今後のことも含めて、「結婚を巡っての母親との争い」を終わらせるためにきちんと話し合いができたらいいなと思いながら、

母親がまた何をするか、何を言い出すかわからないと思うと胸はモヤモヤ。眠れない日が続きました。

結論

私が朝起きて、彼とスカイプをして話を聞いたところ、

彼が送ったメールについて、両親と話したそうです。

部分的な報告だったので、結論をまとめると

「彼が送ったメールについて、彼の気持ちは十分わかったから、もう何も言うつもりはない」

そうです。

ということで、彼と母親との平行線はこれからも続きそうです。

【彼と母親の意見の違い】

・彼は私と結婚したいし、両親からも認めて欲しいと思っている。

・母親の条件は、私たちが1年結婚を待つこと。それができなければ、結婚したとしても私のことは彼の妻とは認めない。

今頃判明した「結婚を反対している理由」

私が予想していた通り、母親は「もう何も言わない」と言っておきながら、色々言ってました。
でも、そのおかげで、母親のそもそも持っている結婚に対しての価値観、私たちの結婚を反対している理由や、1年結婚延期命令に関しても、この日新たな事実が判明しました。

【母親の意見】

母親の中では、結婚というものは家と家がするもの。

彼が私と結婚を決める前に、まず親同士が話して結婚に同意することが必要。

とのこと。
なんか、、、昔の日本の風習ですね。
アメリカといってもさ様々な文化が混ざっている場所なので、日本っぽい考え方の人もいるのでしょう。

それにしても、母親の意見は、一見最もなことを言っているようにも聞こえるのですが、
半分トンチンカンにも聞こえる・・・。

何故だろう。
冷静になって考えてみました。

「母親の中では、結婚というものは家と家がするもの。」

これは、私も理解できます。
今は、家と家の結婚と考えるのは時代遅れという意見も多いですが、実際には結婚すると家同士の付き合いがあるのは事実。
でも、彼女自身、自分の親とも親戚とも孤立して付き合いをしていないし、夫の両親との付き合いもない。
家と家の結婚を実際にしてないような人なのに、何故家と家の結婚ということにこだわるのか、理解できません。
(ちなみに、彼の家は自営業をやっているわけでもなく、言うまでもなく皇族でも貴族でもありません。)

「彼が私と結婚を決める前に、まず親同士が話して結婚に同意することが必要。」

「彼が私と結婚を決める前に」という部分は、今の時代に生きる30代としては全然理解できませんが、「親同士が結婚前に話して同意することが必要」は、一理アリだと思います。
これは、もしもお互いが日本かアメリカ、どちらか1つの国に住んでいたら簡単にできることだと思います。
しかも、同じ国に居るもの同士ならそもそも結婚するにも時間はかからないし、親同士の顔合わせや話し合いを優先して考えることも可能。
しかし、国際恋愛となると、なかなか彼の母親の思うとおりに事を運ばせるのは難しいですし、結婚するまでに2年はかかります。

私達が考えていた結婚のプロセスと母親が考えていた結婚のプロセスの違いも明らかになりました。

【私と彼が思っていた結婚までの流れ】

私がアメリカヘ行く→彼の両親と会う→彼が日本に来る→私の親に会う→親同士が会う→結婚

【彼の母親が考えていた結婚までの流れ】

彼と彼の両親が1年後に日本に行く→私と私の家族に会う→納得したら結婚

母親曰く、私がアメリカに来た時に会うことを拒否したのは、付き合ってまだ半年ほどしかたっていなかったからだそう。
そして、私に会うのではなく、私の親とセットで会うと言っている理由は、
「私と会ったところで、彼の結婚相手にふさわしいかどうかの正しい判断ができない」からだそうです。

どちらのコメントも、そんなこと思ってたのなら、もっと早く先に言ってよ・・・と思いましたが。

大きくまとめると、やっぱり、根本的に彼のことを【独立した30代の大人の人間】として見れていないのかなぁと思います。

後は、彼の両親が持つ考え方、やり方と、私と彼が持つ考え方、やり方が違いすぎることもあります。

今後の行動

何はともあれ、母親の思いを知って、彼の思いを彼女に伝えて、「意見が合わないし、お互いの意見を変えることはできない」という結果がわかりました。

これがハッキリとわかったことで、私にとってはかなりスッキリしました。

本来であれば、彼の家族に私と彼の結婚を祝福して欲しかったのですが、今回は無理のようです。

でも、今回の彼と彼の親の問題を一緒に彼と取り組むことによって、彼との距離や絆はグッと深まった気がします。

アメリカに住んでからは、彼の両親とは一切関われないとしても、その分お友達や彼の親戚との関係を作って頼れる仲間を作っていくことが必要だなぁと覚悟しました。

【今後の行動】

・両親の生活と、彼(私たち)の生活は切り離して考える

・母親からは実家の荷物を出すか出さないかは彼に決めてほしいと言われたそうなので、もちろん全部出す方向で荷物を彼のアパートへ移動させる

・彼の親との関係はうまく作れなかったけれど、彼の弟や彼の親戚と関わりを作っていく

母親が彼に言った言葉を聞いて感じたこと

「簡単な方法があるのに、何でそれをしようとしないの?」
(親の言うとおり1年待てば、結婚を許すし私を家族として認めるのに何故1年待てないのか)

→母親がそれで気が済むのならと、何度か妥協して1年待とうかと思ったこともありました。
でも、母親の今までの行動パターンを見ている限り、1年待ったとしても、待たずに今結婚したとしても、今後の母親と私達の関係は良くならないと感じました。
彼が少しでも躊躇していれば、考えようかと思いましたが、彼も彼女からの「1年結婚延期令」には納得して実行するだけの理由が足りない。と言っていました。


「将来私に何かがあったら、私の世話を見てくれるの?」

→老後を迎える親はきっと、自分が動けなくなった時が心配になるんだと思います。
彼の母親は、子供は生み育ててもらった恩返しで親の世話をするのは当たり前だと思っています。
だから、彼がアメリカ人ではない私と結婚して遠くへ里帰りをしたり、将来日本に住むようなことも考えて反対した気がします。
彼が母親に対してした答えは、「面倒を見るよと言うと嘘になってしまうかもしれないからそれは言えないけど、できる限りのことはするつもりだよ」でした。
私には、「君には僕の親に対しての義務は何もないから、何もしなくていいよ。自分を支えてくれるのならそれはとても有難い。」でした。
将来彼の両親に何かあったときに、彼はもちろんベストを尽くすと思います。私がその時彼の母親とどんな関係になっているかは謎ですが、今の時点では、彼にできる限りのサポートをしようと思いました。

「自分のことを「お母さん」と呼ばなければ、今後彼女(私)を家に連れてきても構わない」

→母親が、今後家に帰って来たい時は、帰ってきなさいと言った際に、「彼女が一緒に来るとしたら?」と彼が言った言葉に対しての返事。
これには私も頭にきて、「誰が呼ぶか!(笑)」と思ってしまいました。
彼は、親が病気で彼の手が必要な時でない限り、実家に一人で帰ることはしたくないと言っていたので、今後は彼の実家にお邪魔することは当分なさそうです。

母親に送った最後のメールにしても、自分がやったことは「何も間違えていない」。「彼のやり方が大間違い」。「目の前のことしか見えてない」。「彼が親になったら自分の気持ちがわかる」。エトセトラエトセトラ・・・んー割愛!
あくまでも「自分のやり方が正しい」というスタンスが1ミリも変わらないので、彼女には彼女の好きなように思ってもらい、なるべく彼女の意見は自分の心の中にいれて感情的にならないようにしようと思います。

まとめ

彼が彼の母親と関わると、驚くべき事実が色々湧き上がってきます。。。

今回は、8ヶ月ほどグダグダ続いて絡まりまくった話がまとまり、「結婚に対する争い」にも一旦終止符を打つことができた気がします。

それにしても、今日は彼の誕生日なのに、実家で母親と結婚のことで色々言われて大変だったと思います。

私もこの日ばかりは「ハッピ~バースデ~~」なんてのんきに明るく祝ってる雰囲気じゃないなと察したので、誕生日祝いは別の日に2人でスケジューリングして行うことにしました。

今日は、彼が「親の望む人生の生き方」から、「自分の望む人生の生き方」へシフトするための、第二の誕生日になったということにしたいと思います!

人生色々あるけど、何事も楽しんで頑張るぞ~~!

 

関連記事

  1. 【国際恋愛・恋愛】

    音信不通の母親が家族に話していた意味不明な発言とは?

    2017/02/19(日) アメリカ生活31日目一日の出来事は…

  2. 彼氏、彼氏の母親、親子関係を理解・修復するための方法を試行錯誤

    彼の家族

    彼氏、彼氏の母親、親子関係を理解・修復するための方法を試行錯誤

    2017/06/26先日から続く彼の母からの「結婚反対講義」に…

  3. eigo-life.com

    【一般】

    結婚反対をされた対処法として彼の母親との距離を置いてみた結果

    2017/06/26 今日の出来事と気づきを綴ります。出来事&…

  4. eigo-life.com

    【国際恋愛・恋愛】

    彼VS彼の母親!心配性で暴走する母親とその姿に悩む優しい息子

    2017/01/29(日)ハワイ観光7日目に起きた彼と彼の母親…

  5. 【国際恋愛・恋愛】

    アメリカ滞在中に唯一会うことができた彼の弟との初対面!

    2017/02/22(水)  アメリカ生活34日目今日の一日は…

  6. 嫁姑問題/時代背景によって変わる嫁姑関係、姑対策と人の価値観

    彼の家族

    嫁姑問題/時代背景によって変わる嫁姑関係、姑対策と人の価値観

    2017/4/25カナダ人と「嫁姑問題」について話した後、…

コメント

    • narippa
    • 2017年 7月 06日

    再度、うげ~
    そして、お疲れさまです。一区切りついて良かったですね。

    適当にぬる~くほっとくしか無いっぽいですね。
    読んでてイライラが止まらない!ババアにゲンコツ~をぉ~(乱暴で失礼)

    何はともあれ、人生の第2フェーズ!おきばりください。

      • S
      • 2017年 7月 06日

      narippaさん

      毎回、自分で書きながらオエッとなる報告が多かったですが、今回はひとまず今後の兆しが見える報告も入れれてよかったです!!
      バ○アにゲンコツ!w
      いつもスカッとするコメントに助けられています!!!
      これが彼の母親じゃなかったら、きっと私もゲンコツしてると思います。
      とりあえず、波風立てずに何とかやっていこうと思います!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


アーカイブ

スポンサーリンク

父が綴る映画と本のレビューブログはコチラ

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

引き寄せの法則を使って「運命の恋人とラブラブな人生」を引き寄せる極意

  1. CraiglistでSCAM・詐欺の物件を発見!偽物と本物物件の見分け方

    部屋・アパート

    CraiglistでSCAM・詐欺の物件を発見!偽物と本物物件の見分け方
  2. 【国際恋愛・恋愛】

    国際結婚・海外移住・国内移住を経験したYさんが語る国際恋愛事情
  3. 【海外生活】

    アメリカンブランドのシャンプー&コンディショナーの感想レビュー
  4. 【海外生活】

    ファーマーズマーケットで蜂の巣(蜜蝋)入り蜂蜜探し
  5. 【国際恋愛・恋愛】

    国際遠距離恋愛。9ヶ月記念日にアメリカの彼から届いた手紙
PAGE TOP