間違えやすい英会話「Nice to meet you.」の返事は?

こんにちは!

エスの英語ライフブログを見ていただきありがとうございます^^

アメリカに来て、必ず聞く&使う定番フレーズ!

「Hello」や「How are you?」と同じ頃に習う日本人が誰でも知っているフレーズ!

それは、「Nice to meet you.」です。

日本語に訳すると (あなたにお会いできて嬉しいです)ですね。

 

さて、ここで問題です!

 

初対面の挨拶で、「Nice to meet you.」(お会いできて嬉しいです)と相手から先に言われたとします。

それに対して、「私もお会いできて嬉しいです」と言いたい時、あなたは何と答えますか??

① Me too.
② You too.

ということで、今日は、日本人が間違えやすい英会話「Nice to meet you」の返事の仕方について書いていきます。

初めて会うときの挨拶「Nice to meet you.」とその返事

初めて会うときの挨拶

「Nice to meet you.」(お会いできて嬉しいです)は、初めて人と会うときに使う定番フレーズです。

返事の仕方

一般的な表現の仕方は[相手から言われた言葉] + too + [相手の名前].

例)彼の友達Aliceと会った時

Alice「Hi, I’m Alice. Nice to meet you.」(こんにちは、アリスです。会えて嬉しいです。)
私「Hi, nice to meet you too, Alice.」(こんにちは、あなたに会えて私も嬉しいです。)

私もアメリカに来たばかりの頃は「Nice to meet you.」(お会いできて嬉しいです)と言われたら、「Nice to meet you too, ○○!」(私も○○にお会いできて嬉しいです)と答えていました。

しかし、彼の友達との初対面を何度も繰り返すうちに、毎回毎回「Nice to meet you,too.」と言うのが面倒くさくなってきました(笑

「Nice to meet you,too」の略語は?

「Nice to meet to you, too」(私もお会いできて嬉しいです)の略語は、

「You, too」です。

「Nice to meet you, tooからきています。

ということで、最初の問題の正解は「②You, too」です!

 

例)彼の友達Jonと会った時

Jon「Hi, I’m Jon. Nice to meet you.」(こんにちは、ジョンです。会えて嬉しいよ。)
私「Hi, you too, Jon.」(こんにちは、ジョン、私も(嬉しい)よ。)

 

最初の方は、「私も!」というニュアンスで、「Me too!」と答えそうになり、

「Me,,, you too!」(ミ、、、ユートゥ!)という風に、返事をしていましたが、

今では「You, too」と自然に答えられるようになりました。

 

他にも、

「Same here」
「Likewise」
「And you」
「And you, too」

は、「私も会えて嬉しいです」と同じ意味合いで使うことができます。

 

略をせずに文章で答える場合は、

It’s good/great/nice/lovely to meet you, too.
I’m glad/happy to meet you, too.
It is my pleasure to meet you as well.
(「too」の代わりに「as well」を使うとより上品に聞こえます。)

使い分け方

■「Nice to meet you, too」

■「You, too」

どちらも同じように使えますが、やはり「You, too」は略語なだけに、簡易的なニュアンスになります。

「お会いできて嬉しいです」と言われて「私も♪」と返事をする感じです。

 

私が実際にしている返事の使い分け方を紹介すると、

公式な場や目上の人に対しては、文章で

「Nice to meet you too, [相手の名前]」

カジュアルな場や彼のお友達に対しては、略語で

「You too, [相手の名前]」

という風に使い分けています^^

 

いかがでしたか?

参考になれば嬉しいです!

国際交流で沢山の人とお友達になる際に、是非役立ててください♪

最後までご覧頂きありがとうございました。
国際恋愛や国際結婚、留学や海外生活に関すること、その他気になることがあればお気軽にお問い合わせください^^
頂いた質問・コメントには必ず目を通して、数日中にお返事いたします。
問い合わせフォームはコチラ。