アメリカから日本に絵葉書/ポストカードを送る時に注意すること

こんにちは!

エスの英語ライフブログを見ていただきありがとうございます^^

2017/02/21(火)  アメリカ生活33日目

一日の出来事はコチラ。

本日、家に5枚のポストカードが届いていました!

わぁ!ポストカードが届いてる!

と思って見た瞬間、

それは、自分が日本に向けて送ったポストカードでした(笑

日本に向けて送ったはずのポストカードが帰ってきてしまったのはなぜ?

今回のテーマは、「アメリカから日本に絵葉書/ポストカードを送る時に注意すること」です!

ポストカードを送る時に注意すること

アメリカでカードを送る時には

「受取人(TO)」と「差出人(From)」の情報記入欄が日本とは逆なのです!

こちらは国際郵便のルールです。

www.post.japanpost.jp

上の欄に、「差出人(From)」の情報

下の欄に、「受取人(To)」の情報

これが、正しい書き方です。

 

私は、日本のように上の欄に受取人、下の欄に差出人(自分)の情報を書いて出したので、

自分の家に帰ってきてしまったというわけです。

まとめ

以上が、「アメリカから日本に絵葉書/ポストカードを送る時に注意すること」でした!

 

ちなにに、返送されてきたポストカードは、

再度郵便局に持っていったら局員の人が修正して無料で再郵送してくれました。

皆さんが、もしも旅行中に海外から絵葉書/ポストカード等を送るときには、住所欄に注意してくださいね。

最後までご覧頂きありがとうございました。
国際恋愛や国際結婚、留学や海外生活に関すること、その他気になることがあればお気軽にお問い合わせください^^
頂いた質問・コメントには必ず目を通して、数日中にお返事いたします。
問い合わせフォームはコチラ。