アメリカ4大スポーツ!現地アイスホッケー(NHL)観戦の楽しみ方 | 2度目の国際結婚!?バツイチ30が綴るアメリカ人彼との幸せ英語LIFE♪

スポーツ

アメリカ4大スポーツ!現地アイスホッケー(NHL)観戦の楽しみ方

こんにちは!

Sの国際恋愛・英語生活ブログに来ていただきありがとうございます^^

3/14(火)、日本ではホワイトデー。

女性の皆さん、彼・パートナーと素敵な時間を過ごされましたか?

 

私の方はといいますと、

アメリカには、ホワイトデーというものはなく、通常の日。

せっかく日本には「カップルが過ごす日」としてホワイトデーがあるので、この日は2人でアイスホッケー観戦に行くことになりました!

とっても楽しめたので、今後アメリカでアイスホッケーを見る機会がある方のために、

アメリカでのアイスホッケー観戦の楽しみ方をご紹介したいと思います^^

 

アメリカのアイスホッケー(NHL)

どんなスポーツ?

アイスホッケー(英語: National Hockey League(NHL)は、アメリカ4大スポーツの中の1つでアメリカではとても人気のあるスポーツです。(他の3つ: アメリカンフットボール(NFL),野球(MLB),バスケットボー ル(NBA))

選手達は平均約50kmの速さで氷上を駆け巡り、互いのゴールを目指して壮絶な戦いを繰り広げます。スティックから放たれるパックは約200KMにもなるそうです。

他の団体競技に比べてスピードも速く、選手同士の激しい激突もあるため、『氷上の格闘技』とも呼ばれています。

ちなみにアメリカのホッケー選手の場合、日本のと比べて選手とパック(ボールのような玉)のスピードの速さは2~3割増しだそうです!

ルール・しくみ

アイスホッケー(英語: National Hockey League(NHL)は、アメリカ・カナダにまたがるリーグで、全30チームで構成されています(アメリカ24チーム、カナダ6チーム)。

それが15チームずつ2つのカンファレンス(イースタン・ウェスタン)に分かれ、それぞれでさらに5チームずつ3つのデビジョンに分かれています。

各チームが合計82試合を行い、各カンファレンスのデビジョンで勝利したチームと上位5チームがプレーオフの出場権を獲得します。

プレーオフで4戦先勝した両カンファレンスのチームがスタンレーカップ・チャンピョンシップで決勝戦をし、優勝者がスタンレーカップ(100年以上の歴史を持つ北米プロスポーツ界最古のトロフィー)を手にします。

シーズンは10月~翌4月まで。

 

アイスホッケー観戦の楽しみ方

時刻は19時30分、いよいよ試合が始まります!

まずは選手達の入場!
観客が総立ちして会場が一気に沸きあがります。
そして、サンノゼシャークスのマスコットである、サメのレプリカが顔を出します!

地元チームのサンノゼシャークスに対しては、WOOOOOOOOO(ウォォォォォォォー)!!!
相手チームのバッファローセイバーズに対しては、BOOOOOOOOO(ブゥゥゥゥゥゥゥー)!!!

何とも、アメリカ的でわかりやすい応援ですね!!
(前回のバッファローセイバーズとの戦いでは、サンノゼシャークスが負けてしまったようなので、その時の恨みもこめてのブーイングだったのでしょう)

[試合が始まる前から、このテーマパークのような雰囲気を楽しみましょう!]
まずは、開会式でゲストの女性の美しい歌声と共に国家斉唱。


右手を左胸に当てて、国や人への敬意を表します。
試合前で観客も皆興奮しているのか、女性の歌声が国家のサビ(高音音域)に差し掛かると、
皆もWOOO(ウォーー)!ピューピュー(口笛)!と盛り上がります。

[周りの人が叫ぶ時は、とりあえず一緒になって叫んで見ましょう!]

 

そして、試合開始!

な、なんと

試合開始直前1分で

ゴールを奪われてしまいました!!!

観客のほとんどが、NOOOOOOOOO(ノォォォォォォォォォォォォ)!!!と叫びます。

頑張れサンノゼシャークス!せっかく日本から見に来たんだから、今日だけでいいから勝ってくれ!と自分勝手な思いを膨らませていると、
何処からともなく、オルガンの演奏が。

チャラララッチャラ~

すると観客が、

「シャアアアアアアアアアク!」

!?

チャラララッチャラ~~~~(音程が一段階上がる)

「シャアアアアアアアアアアアアアアアアアアク!」

な、なんじゃ!?

どうやら、野球やサッカーの時にチームを応援するように、アイスホッケーにもチームを応援する歌があるようだ。

よし、私も今日はアメリカ人になったつもりで歌ってみよう!

チャララチャッチャラ~~~~~~~(音程がまた一段階上がる)

私(だけ)「シャアアア・・・・」

私「(あれ)???」

周りを見ると、シーン。
どうやら、オルガン演奏と観客の歌は間奏のようなもので、プレーが始まると観客&選手が試合に集中できるように止むようだ(笑

めちゃくちゃ恥ずかしかったが、異国の地にきたらこんなの良くあること。

ちなみに、アメリカではアリーナ内の通路にオルガンが設置されていて、試合のピリオド間にはプロのオルガニストによる生演奏が見られます。

こちらは実際に演奏しているシーンです。

[オルガン演奏にのって、一緒にチームを応援してみましょう!]

 

プレー中にはオルガンは流れませんが、観客の応援の声でランダムに歌が始まります。

「Let’s go shaaaaaaark!(レッツゴーシャアアアアアアアク)!」(誰か一人が始める)

拍手(チャチャッチャチャッチャ)

「Let’s go shaaaaaaark!(レッツゴーシャアアアアアアアク)!」(周りの人も叫ぶ)

拍手(チャチャッチャチャッチャ)

数パターンあるこの歌がとても楽しくて、皆一丸となって応援しました。

[ファンの声にのって、一緒にチームを応援してみましょう!]

 

選手はというと、リンク内で壮絶な戦いを繰り広げながら必死に戦っています!!

方向転換をするたびに、シャッ!氷が削れる音が聞こえ、
スティックでパックを放つたびに、カーン!という音が出て、
選手同士がぶつかるたびに、ドンッ!グシャッ!という壁に激しくぶつかる音が聞こえます。

パックのスピードが速すぎて、パックが何処にあるのか、上から見ている観客の方が見失ってしまいます。
ただでさえアイスリンクでバランスが取り辛い中、自分の身体をうまくコントロールして、相手を交わしながらこのハイスピードで放たれるパックパスを受け取りゴールに運ぶことは至難の業のように思えます。

そして、お互い身体がぶつかり合うスポーツなので、喧嘩が起こって乱闘になってしまうこともあるそうです。
豆知識:サンノゼシャークスのメンバーであるBrent Burns(ブレント バーンズ)は、32歳という若さで前歯がほとんどありません。

(出典元:ESPN.com)

スピード感あり、迫力あり、スリル満点のアメリカンホッケーです!

[選手同士のパスや、選手同士が接触してパックを奪い合うシーンを見てハラハラドキドキしましょう!]

そして、

なんと、数十分後に

1点を盛り返しました!!!!

WOOOOOOOOOOOOOW!!!

オルガンが鳴り響き、全員総立ち、拳を上に掲げ叫ぶ、喜ぶ、踊る!!!

私の前に座っていた長身のアメリカ人のおじさんは、感極まって周りの人たち全員にハイタッチ!
全く知らないおじさんとアメリカでハイタッチする機会なんてそうそうないだろうと思い、すかさずハイタッチをしました!!

[応援チームのゴールが決まった時は、席を立って周りの人とも喜びを分かち合いましょう!]

この後は、サンノゼシャークスの追い上げで、3点連取!4-1でサンノゼシャークスが勝利したのでした。

試合中には、3回の休憩がありました。

休憩中のリンク内では、サンノゼシャークスのマスコットが登場して
地域のアイスホッケージュニアチームのリレー合戦が行われたり、
地元の選手とゲームを通して交流していました。

ホール内の大型テレビには、
ファンの人たちへのプレゼントつきクイズの様子や
参加者が家族やパートナーに向けたバースデーメッセージが映し出されるなど、

試合以外にも楽しい見所が沢山ありました。

[休憩中も、会場行われるパフォーマンスを楽しみましょう!]

お役立ち情報(チケットの値段・購入場所~会場入場まで)

今回のアイスホッケー観戦で、実際に自分が体験した事を振り返りながら、お役立ちポイントをまとめてみます。

チケットの値段

時期や曜日、席の場所によって様々ですが、通常$20~$100くらいです。

私達の場合は、一番上席の真中の席で1人$30でした。リンクから一番離れた席でしたが、リンク全体両チームがバランスよくが一望できましたし、細かいシーンは目の前の大画面で映し出されるのでとても満足でした。初めて見に行く方ならこの席をオススメします。

地元のホッケーが好きなアメリカ人友達からは、「選手がぶつかり合う姿をリアルに見て臨場感を味わいたいなら、リンクになるべく近いゴール付近の席がオススメ!」とアドバイスをもらいました。(おそらく値段は上がると思いますが)

チケット購入の場所

Stubhubというサイトでチケットを予約しました。
https://www.stubhub.com/

ネットで購入後、バーコードが写された画面を印刷します(これがチケットの代わりです)。

会場入場

試合会場 SAP centerです。

【入場の際の注意】
・セキュリティ上の理由で、会場へは大型のバッグの持ち込みは禁止されています。(ハンドバッグやリュックサックなどは持ち込み可能です。)
・また、プロが使うような大き目のカメラも禁止されています。(通常のデジタルカメラは持ち込み可能です。)
・食べ物の持ち込みは問題ありませんでした。(館内には沢山食べ物や飲み物が売られています。)

荷物なし、荷物ありの人用にレーンが分かれており、入場前にセキュリティチェックがあります。
ネットで購入した際に印刷した紙を入り口でスキャンして入場!

会場でのお役立ち情報

会場スタッフ

ホールの中には至るところにスタッフが立っており、自分の席や会場の場所について親切に教えてくれます。
この2ヶ月間のアメリカ生活で見たスタッフの中で、ここのアイススケート場のスタッフが一番親切、丁寧でフレンドリーでした。

フード&ドリンク

リンク外のホールでは、会場スタッフが食べ物&飲み物を販売しています。試合の前に購入して、席でアイスホッケーを見ながら食べ飲みするのがアメリカ流。
1食でお腹がいっぱいになりそうなお弁当や、手軽に食べられるホットドッグ、スナックがありました。私達は、ナチョスを買って観戦しながら食べました。

観戦中

試合中は、パックが場外に飛んでくることがあります。リンクから離れた席であっても席から立たないようにしてください。

トイレについて

館内には大きなトイレが数箇所に設置されています。
試合の合間には頻繁に休憩時間があり、席を立つことはできますが、席が通路側でない場合、同じ列に座っている他のお客さんに立ってもらい移動する必要があります。そして、休憩時間には皆が一斉にトイレに立つので、若干込みます。トイレに行くのは試合が始まる前がベストです。

服装について

この日は3月14日。ホール外ですと長袖シャツで十分ですが、観戦席だと少し冷えます。
アメリカ人の皆さんは、Tシャツ、応援チームのユニフォーム、キャミソール、半ズボンなど。
私の場合は、上:キャミソール、長袖シャツ、薄めのダウンジャケット、下:裏起毛ロングガウチョでした。
日本人・アメリカ人の体感温度の違いが目に見えてわかりました(笑)

 

いかがでしょうか?

アイスホッケーのことをほとんど知らない私でも楽しめましたので、現地の人たちの文化を知る機会にもなりました^^

アメリカに来られる機会があれば、是非アイスホッケー観戦に行ってみて下さい!

 

Related post

  1. 【海外生活】

    2017年アメリカンフットボール優勝決定戦「スーパーボウル」

    2017/02/05(日) アメリカ生活17日目今日は、お友達…

  2. 米国4大スポーツ!アメリカ人と人生初のアメフト観戦をした観想

    スポーツ

    米国4大スポーツ!アメリカ人と人生初のアメフト観戦をした観想

    2017/01/22(日) サンフランシスコ生活3日目、午後は…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

CAPTCHA


Archives

スポンサーリンク

父が綴る映画と本のレビューブログはコチラ

お気楽CINEMA&BOOK天国♪

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

引き寄せの法則を使って「運命の恋人とラブラブな人生」を引き寄せる極意

  1. eigo-life.com

    【一般】

    愛の言葉のプレゼント「I want to fall asleep & …
  2. eigo-life.com

    【一般】

    交際反対の彼の母親にアメリカで挨拶をすることができるのか
  3. 【海外生活】

    とあるアメリカの大学の文化祭に参加してみた感想
  4. eigo-life.com

    日々の出来事・気づき

    愛の言葉のプレゼント「I think about you the most ev…
  5. eigo-life.com

    【一般】

    将来の婚約&結婚指輪についての疑問とベストな選び方
PAGE TOP