大統領ドナルド・トランプの当選に対するサンフランシスコの公式対応

こんにちは!

エスの英語ライフブログを見ていただきありがとうございます^^

(画像出典元:San Francisco Bay Times

私がサンフランシスコに到着した日は、偶然にもドナルド・トランプ大統領が就任した2017年1月20日。

トランプ氏が就任してからも、アメリカではものすごい混乱が続いているようです。

サンフランシスコでのドナルド・トランプ氏大統領に対する評価

サンフランシスコのある、カリフォルニアは元々選挙もドナルド・トランプ氏にとって圧倒的に劣勢だった州です。

ですので、トランプ氏の当選、政治に対して納得していない人が多くいます。

米国の大統領にドナルド・トランプ氏が決まったことを受け、カリフォルニア州がアメリカから独立する可能性があるという話もあがっています。

そんな中、今日4月4日、サンフランシスコから決議案が発表されました。

San Francisco’s Official Response to the Election of Trump(トランプ氏の当選に対するサンフランシスコの公式対応)

 

サンフランシスコの理事会は最近、ドナルド・トランプの選挙に応じて、ロンドン・ブリード委員長が導入した決議案を可決しました。内容は次の通りです。

2016年11月8日、ドナルド・トランプは米国の第45代大統領に選出されました。

トランプ大統領によりいかなる脅威があろうと、サンフランシスコは聖域都市として残ることを決議しました。サンフランシスコの人口の3分の1であり、この都市を素晴らしいものにしてくれている外国人の男女に背を向けることはしません。これはゴールデンゲートです。私たちは壁ではなく橋を建てます。

女性を”障害物”や”暴行する対象物”として扱う”男性によって脅かされた医療、職場、いかなる場所でも女性の権利”を引き下げることはしない。同様に、若い女の子達が女性の権利を行使し、何にでもなれ、何でも出来ることを示すモデルに育つようにします。

サンフランシスコでの性変換治療の拒否、そして権利の撤回はしないことを決議しました。私たちは12年前にゲイ(同性愛者)の結婚式を開催し始め、それを止めることはありません。そして、大切な、認識され、愛されるべきあなた、怖がったり、いじめられたり、孤独を感じている全国の全LGBTQ(レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー、その他:つまり性的マイノリティ)の人々の為にサンフランシスコは戦い続けます。

私たちは依然としてこの国の宗教的自由の原則を信じています。私たちは信仰によって人々を禁じません。私たちが持つ唯一のリストは、一緒に祈ろうという招待状のみです。(宗教の違いで人々を排除するためのリストは作らないという意味)

ホワイトハウスではどうであれ、サンフランシスコでは黒人が生活できることを決議しました。そして、オバマ大統領の21世紀警察特別対策本部の指導に基づき、私たちは警察を改革し続け、警察と地域社会の間の信頼関係を再構築し、すべて人種の市民が近隣地域で安全を感じるようにします。

気候変動は、中国人による詐欺、または陰謀ではないということです。 3つの側面を水に囲まれたこの都市では、科学が重要です。ですので、私たちは再生可能エネルギー(CleanPower)、廃棄物ゼロ(Zero Waste)、そして将来の世代を守るために私たちが取り組んでいる全てのことを続けます。

約10年間この都市で普遍的な保健医療を提供しており、新政権が2000万人の人々から医療保険を取り消すという過酷な条約に従うなら、サンフランシスコ人を保護します。

我々は国際連合の発祥地であり、私たちが毎日歓迎している何千人もの国際観光客によって強化された都市です。私たちは、ワシントンでの行政がそうであるかどうかに関わらず、世界中の友人や同盟国との国際主義に引き続き尽力します。

サンフランシスコは交通機関第一(トランジットファースト)の都市のままであり、この管轄が連邦交通機関の資金を排除するかどうかにかかわらず、我々が頼りにできるMuni(ミュニ)とBART(バート)のシステムを構築し続けます。

カリフォルニアは世界で6番目の経済大国です。そして、ベイエリアはこの国の革新的な首都です。私たちは、連邦政府の資金援助を取り消される脅威に悩まされることはありませんし、あなたのドルのために私たちの価値や地域の人々を犠牲にすることもありません。

この選挙の後に起こったすべての憎悪犯罪と差別的発言を非難します。サンフランシスコで高く評価されている価値観に対しての敬意が欠けている大統領が米国にいるが、それは私たちが誰であるか、私たちの価値観を変えることはできない。私たちは、サンフランシスコの中で積極的に議論していますが、この点については100%合致しています。差別や無謀に対し、あらゆる形で戦います。私たちは一つの都市です。そして私たちは一緒に前進します。

(原文:http://sfbaytimes.com/san-franciscos-official-response-to-the-election-of-trump/)

まとめ

やはりこの決議案を読んでわかる通り、サンフランシスコはドナルド・トランプ大統領と真っ向からぶつかっていく姿勢を見せています。

白人が大多数というところも少なくない他の州と比べて、サンフランシスコは多国籍を受け入れる都市として全世界から人が集まっています。
ですので、トランプ氏の政策や考えを適応することは難しいと思います。

ちょうどサンフランシスコ滞在中に、ドナルド・トランプ氏について現地のアメリカ人にインタビューする機会がありましたのでコチラにアップしています。

今後自分が移住する予定の場所なので、ニュースにはアンテナを張って状況を把握しておこうと思います。

また新しい情報がはいれば、ブログにアップしたいと思います!

最後までご覧頂きありがとうございました。
国際恋愛や国際結婚、留学や海外生活に関すること、その他気になることがあればお気軽にお問い合わせください^^
頂いた質問・コメントには必ず目を通して、数日中にお返事いたします。
問い合わせフォームはコチラ。